経営戦略

ROA(経常利益)10%以上、ROE(当期利益)10%以上を経営指標とし、4つの経営戦略を統合的に連携させ取り組んでまいります。

私たちは、ROA(経常利益)10%以上、ROE(当期利益)10%以上を経営指標とし、経営理念である『人々のココロとカラダの健康を追求し、地域社会に貢献する』を実現するため、経営戦略として「事業別戦略(ドラッグストア事業・調剤事業・その他事業)」「顧客戦略」「人財戦略」「ブランド戦略」を策定し、統合的に連携させ取り組んでまいります。
それぞれの戦略については、経営環境の変化に応じて柔軟に対応しながら、経営戦略の中核として推進してまいります。

経営理念:人々のココロとカラダの健康を追求し、地域社会に貢献する コーポレートスローガン:「おもてなしNo.1」になる

ミッション(社会的使命):地域におけるヘルスケアネットワークを構築する 社会に必要とされる優れた人財を育成する

経営戦略の図

目標とする経営指標の図

資本政策の基本方針

私たちは、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指した経営改革の推進、および資本の効率化を通じ、ステークホルダーの皆様の利益や地域社会の発展に寄与することを基本方針といたします。
その実現のため、経営指標に自己資本当期純利益率(ROE)と総資産経常利益率(ROA)を定め、効率経営を目指してまいります。具体的には、中期的にROE10%以上、ROA10%以上を実現すべく利益体質の強化、経営資源の有効活用を推進してまいります。

株主還元

当社は、事業活動を通じて得た利益を株主の皆様へ還元すると共に、将来の経営環境や事業計画に基づいた設備投資や、海外事業、M&A、トータルヘルスケア分野への成長投資に資金を投下し、キャッシュフローを増大させることにより、中長期的な企業価値と株主価値の向上を図ることを基本方針といたします。
その実現のため、総還元性向、DOEを勘案し、業績に連動した利益還元を行いつつ、安定的な配当を目指してまいります。なお、市場環境や、資本効率、自己資本比率を勘案し、自己株式の取得につきましても選択肢として機動的に検討してまいります。