IR活動への取り組み

情報開示の基本姿勢

当社は、株主・投資家等のステークホルダーに対して、適時、適切な情報開示を行うことで、経営の公正と透明性を維持します。また、当社は、顧客、調達先、従業員、株主・投資家、地域社会等のステークホルダーはもとより、広く社会とのコミュニケーションを積極的に行い、これらの持つ期待やニーズ、さらには当社とは異なる価値観、意見にも耳を傾け、適宜、企業活動に反映させます。

IR活動の目的

当社は、IR活動の目的を誠実かつ公平な情報開示により、経営の委託者である株主に対する受託者としての説明責任のみならず、投資家・アナリスト等を含めたステークホルダーのみなさまへの説明責任を充分に果たし、長期的な信頼関係を構築すること、そして双方向コミュニケーションを通じて信頼や評価を得ることにあると考えております。この目的を不断に追求するために、当社は、必要とされる情報を継続的に提供するとともに、外部者の視点によるご意見を経営改善に活かすためのIR活動を展開いたします。

IR活動の積極的な推進

当社は、上記IR活動の目的に鑑み、資本市場参加者(株主、投資家、証券アナリストなど)に対し、経営戦略や事業方針について明確かつ受け手の要請に充分応える情報を提供しなければならないと考えております。そのため、決算説明会などの場において、経営者自らが資本市場参加者に対して直接語りかけていく機会を充実させていきます。
また、IRウェブサイトを通じて事業内容、財務内容、経営戦略、その他の重要な経営情報を公平に分かりやすく伝えることを目指してまいります。

IR活動の社内体制

当社のIR活動は、代表取締役社長を最高責任者として、コーポレートリレーション部がその業務を企画、管理、推進しています。

IR活動の社内体制の図

  • (注)当社におきましてはコーポレートリレーション部が主な窓口となってIR活動を展開いたします