ビジネスパートナーとの協働

私たちはビジネスパートナーと適切かつ強固な協働関係を結ぶことが、持続的な事業運営に必要であると考えています。「ココカラファイン倫理綱領」に、「法令や社会規範・ルールを遵守し、社会的良識に基づいて行動すること」、「広く社会と健全で公正な関係を築くこと」、「反社会的勢力との関係の一切排除」を定め、社員の倫理観を醸成しています。

ビジネスパートナーと共に

ココカラファインは、市場競争力の高い商品・サービスを提供していくと同時に、高い倫理観に基づく公正な事業活動の実践を心掛けています。

従業員一人ひとりの倫理観を醸成していくだけでなく、ビジネスパートナーとの良好な取引関係の構築に注力していきます。

ビジネスパートナーへのアンケート実施

ビジネスパートナーへ定期的にアンケート調査を実施し、不当な要求や不適切な事案がないか、その他要望について情報収集を行っています。

アンケート結果のフィードバックを研修等で行い、お取引様との適正な関係を保つとともに、不満の解消に努めています。

会員組織「CF会」を発足

ビジネスパートナーとの強固な協働関係を築くことが、厳しい市場環境を勝ち抜く競争力になると考え、双方が対等な立場で参加する会員組織「CF会」を発足し、年1回の総会を開催しています。この総会はココカラファインの経営方針や営業方針を共有し、ビジネスパートナーがココカラファインの活動を介して社会への貢献やお客様へのご提案をどのように行っていくかを一緒になって考える、とても重要な場となっています。

製造委託先との公正な取引

製造委託に関連する法令の勉強会を定期的に実施し、従業員が正しい知識を持つことで、不適切な取引行為の防止を徹底していきます。

プライベートブランド等の生産委託先の選定、取引条件や価格の設定などを公平性・透明性のある話し合いで合意し、決定しています。生産委託先との協働により、公正で良好な取引関係を継続、発展させることで、より良い品質の商品をお客様にお届けしています。

ページトップへ

反社会的勢力への対応

ココカラファインでは、社会秩序の向上が持続的な社会・企業の成長につながるという考えのもと、反社会的勢力との関係を一切排除することを定めています。

体制整備

警察、顧問弁護士など外部との連携により、反社会的勢力からの接触に適時適切に対応できる体制を構築しています。

ルールの策定

反社会的勢力に対応する規定・マニュアルを制定し、定義や義務、所管部署や、反社会的勢力の詳細や応対体制の整備、実際の対応方法について細かく定めています。また、ビジネスパートナーすべてと「反社会的な勢力との関係がないことを示す確認書」を締結しています。反社会的勢力との取引防止に努め、既存取引を発見した場合には速やかに解消します。また、新たな取引を検討する場合には、取引開始の手順に従ってチェックを実施し、取引候補先が反社会的勢力に該当するか否かの確認を行い、万一該当した場合には取引を回避しています。