人権・労働慣行

ココカラファインでは、約1万5千人の従業員が働いています。その従業員をすべて会社の財産と考え「人財」と呼称し、「人財」が最大限活躍できるよう支援し、従業員にとって魅力的な職場をつくることに取り組んでいます。また、「人財」の中には、パートタイマー、アルバイト、育児のための短時間勤務者など様々な就労形態の従業員がいます。このような多様な働き方を支援することが企業としての責務であると考えています。

こうした取り組みによって、生産年齢人口の減少が見込まれる中、多様な人財を確保するとともに、全く新しい考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、企業の競争力強化につなげていきます。

生産年齢人口割合の推移

出典:国立社会保障・人口問題研究所

ページトップへ

働きやすい職場へ

「ココカラファイン倫理綱領」において、「人権を尊重するとともに、差別や嫌がらせのない明るい職場を作ります。」と定めています。人財の人権・個性・多様性を尊重し、差別や嫌がらせのない職場環境づくりを進め、基本的人権及び諸権利の擁護について理解・認識の向上を図るための教育を実施しています。

労働安全衛生への配慮

安全で働きやすい職場環境の維持・向上に向けて、安全衛生委員会を設置しています。長時間勤務の防止、社員の職場環境改善要望の検討、社員の健康増進のために洗口液やうがい薬の設置、産業医による健康セミナーの実施等幅広い取り組みを行っています。平成27年度は、脳卒中と認知症についてのセミナーを実施し、社員の健康向上につなげています。

ES(従業員満足度)調査の実施

約1万5千人の従業員と対話を図り、意見を募るための一つの方法として、定期的にES(従業員満足度)調査を実施しています。職場環境や日々の業務内容、組織運営などへの意見を集約し、調査結果をもとに、職場環境の改善、業務の効率化などを図っています。

ハラスメントの防止

就業規則にてハラスメント行為の禁止及び懲戒を明記し、さらにパワーハラスメント防止規定・セクシュアルハラスメント防止規定を制定、社員への教育を行い、ハラスメント行為を行った場合には厳正に処分される体制を整えています。

公正な評価・処遇

個々の従業員の能力を最大限に引き出し、公正な評価を実現することを目的に、自己評価を起点とする人事評価制度を設けています。従業員自身の評価後、上長が評価・面談を行っています。これにより、従業員が自らの成果や長所と課題を把握し、評価の透明性・公平性を確保しています。

ページトップへ

表彰制度

ココカラファインでは、従業員の士気向上につなげるため、独自の表彰制度を設けています。
お客様のお褒めの言葉をもとに社員の表彰を実施し、おもてなしプレゼンテーションの好事例を水平展開しています。

  • ※ おもてなしプレゼンテーション
    お客様ご自身が気づいていない商品やサービスをご提案・ご提供することで、お客様の感動や喜びを創造する、付加価値の高い接遇サービス。

ページトップへ

ダイバーシティ~多様な人財の活躍推進

ココカラファインでは、多様な人財により競争力が生まれ、企業の持続的成長につながるという考えのもと、ダイバーシティ(多様な人財の活躍推進)に取り組んでいます。

障がい者雇用の促進

誰もが活躍できる職場づくりを理念に掲げ、障がいのある方が力を発揮できる職場づくりに取り組んでいます。障がいのある方の雇用の更なる促進と活躍機会拡大のため、株式会社ココカラファインソレイユを設立、特例子会社の認定を受けました。ココカラファインソレイユでは既存事業である店舗清掃の規模拡大など障がい者雇用を促進しており、2015年度はハローワークでの面接会開催などにより約50名の障がい者を採用しました。また、20名の特別支援学校の学生を実習生として受け入れ、職業訓練を行うとともに、就職希望者には選考を実施しココカラファインソレイユでの就職へとつなげています。その結果新規の事務サポート事業を開始することができました。

  • ※ 特例子会社
    「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づいて、障がい者の雇用に特別な配慮をし一定の要件を満たしたうえで厚生労働省の認可を取得した会社

育児支援制度の充実

パートタイマーを含む従業員が、育児をしながら働き続ける事ができるよう、育児支援制度を整備しています。
育児休業期間を最大で2歳まで延長可能とし、育児短時間勤務制度は小学校入学まで利用できるなど、法定水準を超える制度を運用し、子育てを行う従業員を手厚く支援しています。

定年退職者再雇用制度

定年退職者の再雇用制度を制定し、豊富な経験のある、スペシャリティを持った人財の再雇用を行っています。該当者に対して面談を行い、制度の説明や役割の認識を促し、現役同様の働き方ができる環境を整備することで、モチベーションの向上を図っています。

グローバルな人財育成

グローバルな人財を育成することを目的として、留学生の就職活動の支援を行っています。また、中国で展開している店舗では、現地スタッフに対して、「おもてなしNo.1になる」ための教育を実施しています。