ジップドラッグ 沿革

2000年2月 仕入原価低減の経営効率の向上と企業連合による競争力強化を目的として持ち株会社である(株)ジップ・ホールディングスを設立
2000年5月 株式交換により(株)白沢ドラッグ、(株)東洋薬局、ヤマモト薬局(株)を完全子会社化
2001年10月 (株)イシグローイングより会社分割され設立された(株)アーパスを株式交換により完全子会社化
2002年2月 ヤマモト薬局(株)と(株)アーパスが合併し(株)シーズアンドアーパスと商号変更
2002年12月 (株)ドラッグタックヘルシーを完全子会社化
2003年2月 (株)ハーティーウォンツとの共同出資により、PB商品の開発を目的として(株)ジップウォンツを設立
2003年7月 薬種商販売を目的に(株)ジップ・コーポレーションを設立
2003年10月 (株)白沢ドラッグは(株)ドラッグタックヘルシーを吸収合併
2003年12月 日本証券業協会に株式を店頭登録
2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、(株)ジャスダック証券取引所に株式を上場
2005年1月 (株)プロアクトの株式を取得し完全子会社化
2005年2月 (株)東洋薬局は(株)マイニチ薬局を吸収合併
2006年3月 弊社及び(株)ライフォートの両社は、株式移転により共同持ち株会社を設立することに関し基本合意書を締結
2006年11月 (株)プロアクトの株式を譲渡
弊社と(株)ライフォートは、(株)ジャスダック証券取引所の上場廃止
弊社と(株)ライフォートは、共同して株式移転により(株)アライドハーツ・ホールディングスを設立し、完全子会社となる。
完全子会社である(株)白沢ドラッグ、(株)東洋薬局、(株)シーズアンドアーパスを平成18年11月16日の期日をもって吸収合併し、併せて(株)ジップドラッグに商号変更
2008年5月 兵庫県内の2店舗を(株)ライフォートに事業譲渡
(株)松ノ木薬品より、滋賀県内の2店舗を事業譲受
2008年8月 大阪府内の17店舗を(株)ライフォートに事業譲渡
2009年8月 (株)ジップ・コーポレーションを吸収合併
2010年6月 当社親会社アライドハーツ・ホールディングスと株式会社ココカラファインホールディングスは、それぞれの株主総会において「合併契約書」を承認決議。
2010年10月 当社親会社アライドハーツ・ホールディングスと株式会社ココカラファインホールディングスは合併し、商号を株式会社ココカラファインに変更。
合併に伴い、当社親会社株式会社アライドハーツ・ホールディングスの株式はジャスダック証券取引所において上場廃止。