トップメッセージ

塚本 厚志の写真
代表取締役社長
塚本 厚志

国内経済は、政府による経済政策の効果から、ようやく景気回復の兆しが見られるようになってまいりました。しかし消費税増税の影響や円安に伴う物価の上昇、世界の不安定な経済情勢など、先行きは不透明なままです。

このような状況下、私たちは「人々のココロとカラダの健康を追求し、地域社会に貢献する」という経営理念のもと、ドラッグストア・調剤事業におけるあらゆる店舗運営システムを統一し、一括の運営体制へと抜本的な改革を行いました。当改革によりドラッグストア運営の地域密着化推進、店舗運営の効率化推進、店舗区分ごとの最適フォーマットの創造など、店舗運営体制を強化し、地域社会、そして地域のお客様に、より支持される店舗づくりを推進しております。この新たな体制により、私たちは更なる「おもてなし」を追求し、そして、お客様・患者様にとってより身近で重要な役割を果たす新しい医療拠点としての存在意義を高め、ココロとカラダを元気にする「ライフスタイル提案ストア」を構築してまいります。

ココカラファインは今後も、経営理念「人々のココロとカラダの健康を追求し、地域社会に貢献する」のもと、ドラッグストア事業、調剤事業、介護事業、インターネット販売事業などを連携させた「地域のヘルスケアネットワークづくり」を進めてまいります。