グループの特長

ココカラファイングループは、
ドラッグストア・調剤事業を主軸に、
幅広いヘルスケアサービスを提供しています。

日本全国の8割を超すエリアに約1,300店舗を展開

当グループはお客様・患者様にとってより身近な存在となり、より気軽に、より便利にご来店いただけるよう、M&Aや新規出店によって店舗数を拡大してきました。その結果、現在は日本全国に約1,300もの店舗を有しています。今後もお客様・患者様のより近くで“おもてなし”を提供するため、積極的な店舗展開を続けていきます。
(2016年3月31日時点)

業界3位1,300以上の店舗網の図

立地に応じた店舗づくり

各店舗それぞれで最高の"おもてなし"を実現するためには、専門性や販売提案力など培ってきた強みを、店舗タイプごとに最適なバランスで提供することが大切です。このため、「都市型」「商店街型」「住宅地型」「郊外型」といった立地に応じた店舗タイプごとに最適な店舗運営を図っています。

都市型店舗

多くの人が行き交う都市では、サービス面はじめコンビニエンスを強化しました

イメージ写真

商店街型店舗

日常生活の相談が持ち込まれる商店街では、カウンセリング販売による専門性を拡充させました

イメージ写真

住宅地型店舗

地域の幅広いお客様が来店される住宅地では、地域顧客ニーズへの対応に特化しました

イメージ写真

郊外型店舗

車での来店が多い郊外では、ワンストップで買い物できるよう品揃えを充実させました

イメージ写真

業界トップクラスの調剤部門

当グループは地域密着型の「健康サポート薬局」を目指して、調剤専門店はもちろん、ドラッグストアに調剤薬局を併設した「ドラッグ&調剤」店舗の出店を強化しています。
また、薬剤師の成長を支える充実した教育制度や、正確な服薬指導の基盤となる調剤データ管理システムの導入など、安全・確実な調剤サービスの提供に努めています。こうした取り組みが市場から評価され、調剤報酬をはじめ、さまざまな指標でドラッグストア業界トップクラスの実績を誇っています。

調剤報酬額 業界第1位、調剤事業売上比率 業界第1位、月間1,000枚以上 処方箋応需店舗数 業界第1位

おもてなしNo.1をスローガンに

お客様一人ひとりに満足いただける“おもてなし”を提供できるよう、店舗それぞれが工夫を凝らしたサービスを展開しています。段差がなく、すべりにくい床材の採用や、ゆとりある通路、大きく読みやすい文字表示など、さまざまな視点からより良い店舗づくりを推進しています。
さらに、お客様のご意見やご相談を積極的に受け付けるためにお客様相談センターを設置し、お客様の声をサービスや商品開発に生かしています。

詳細は、経営理念へ

店舗の写真
ゆとりある通路
コールセンターの写真
コールセンター

ドラッグストア・調剤事業を主軸とした幅広い事業展開

セルフメディケーション時代を迎えて、社会全体で高まる予防・自己健康管理ニーズに応えるため、当社はドラッグストア&調剤事業を軸に事業領域を拡大。調剤併設型ドラッグストアの増加や、在宅調剤サービスの展開、介護事業の拡充などを通じて、お客様や患者様のQOL(Quality of Life)を高める幅広いヘルスケアサービスを提供しています。
また、日本のドラッグストア業界で初めてとなる中国での店舗展開をスタートさせました。ロシア、タイ、ベトナムなどでも展開準備を進めており、今後はこれら各地域の拠点が連携しながら、東アジア地域での存在感を高めていきます。

詳細は、事業内容へ

医療・介護分野を幅広く支援の図